沿革

1940

1941(昭和16年)

帝国石油(株)設立
各社の石油鉱業部門を一元化するため、帝国石油株式会社法に基づく半官半民の国策会社として設立

1950

1950(昭和25年)

民間会社として再発足

1960

1960(昭和35年)

南関東ガス田(成東ガス田)での水溶性ガス開発開始

1962(昭和37年)

新潟~東京間に、国内初の長距離高圧天然ガス輸送パイプライン(東京ライン)完成

1966(昭和41年)

国際石油開発(株)の前身である北スマトラ海洋石油資源開発(株)設立
インドネシア国営石油ガス会社との契約により、海外での石油資源の自主開発を推進する企業として設立

1967(昭和42年)

社名をインドネシア石油資源開発(株)に変更

1970

1970(昭和45年)

インドネシア・マハカム沖でアタカ油田発見

1973(昭和48年)

ジャパン石油開発(株)(JODCO)設立
アラブ首長国連邦・ADMA鉱区(石油生産プロジェクト)の権益取得

1975(昭和50年)

和文社名をインドネシア石油(株)に変更(英文社名は1977(昭和52)年に変更)

1979(昭和54年)

国内最大級の南長岡ガス田(新潟県)を発見

1980

1984(昭和59年)

越路原プラントが完成し、南長岡ガス田の生産開始

1990

1994(平成6年)

親沢プラントが完成

1998(平成10年)

カザフスタン・北カスピ海沖合鉱区、オーストラリア・WA-285-P鉱区権益、インドネシア・マセラ鉱区権益取得

2000

2000(平成12年)

カシャガン油田、イクシスガス・コンデンセート田、アバディガス田発見

2001(平成13年)

社名を国際石油開発(株)に変更

2004(平成16年)

ジャパン石油開発(株)(JODCO)と統合
東京証券取引所 市場第一部上場

2005(平成17年)

アゼルバイジャン・カスピ海ACG鉱区 アゼリ油田生産開始

2006(平成18年)

国際石油開発株式会社、
帝国石油株式会社による共同持株会社
「国際石油開発帝石ホールディングス株式会社」を設立

INPEX TEISEKI

2008(平成20年)

国際石油開発帝石(株)発足
国際石油開発帝石ホールディングス(株)、国際石油開発(株)、帝国石油(株)が合併し、国際石油開発帝石(株)が発足。東京・赤坂に本社移転

2012(平成24年)

オーストラリア・イクシスLNGプロジェクトの最終投資決定

2013(平成25年)

「直江津LNG基地」竣工

2014(平成26年)

アラブ首長国連邦・上部ザクム油田権益期限延長

2015(平成27年)

アラブ首長国連邦・ADCO鉱区(石油生産プロジェクト)権益取得
サルーラ地熱IPPプロジェクトに参画

2016(平成28年)

「富山ライン」供給開始
カザフスタン・北カスピ海沖合鉱区カシャガン油田から原油出荷開始

2017(平成29年)

アゼルバイジャン・カスピ海ACG鉱区権益期限25年延長

2018(平成29年)

アラブ首長国連邦下部ザクム油田の権益取得および
サター・ウムアダルク油田の権益期限延長
「ビジョン2040」および「中期経営計画2018~2022」発表
オーストラリア・イクシスLNGプロジェクト生産開始

2019(令和1年)

オーストラリア・プレリュードFLNGプロジェクトからのLNG出荷開始
インドネシア・アバディLNGプロジェクト開発計画(POD)承認